Noriko

記事一覧(158)

自殺予防研修に参加して

子育ての疲れ、ここにあり

こんばんは。人生の春夏秋冬を応援し心に寄り添うカウンセラー小川のりこです。お子様の食べ物のことお子様の予防接種のことお子様の健康のことお子様の習い事のことお子様の生活習慣のことお子様の友達関係のことお子様の学校のこと毎日、毎日、私たちは母になってから選択をせまられていますね。私も二人の子供がいますが子供を育てる中で、一番ストレスがかかったことは、「お母さんが、決めてね」と言われたことでした。わたしの決断で、すべてが決まってしまう、、、とくに赤ちゃんのころ、病気したときは、この薬を飲ませるのか?この病院でいいのか?いま、病院にいくタイミングなのか?自分のことであれば薬を飲むことも飲まないこともなんでも判断できるのに小さい子の体調管理には頭を悩ませていた時期がありました。大きくなれば習い事のスタート時期どの習い事をするのかどの先生の教室に通うのかやめたいといってるけど、ほんとにやめてもいいよかなどなどいつもいつも選択をせまれていたようにおもいます。それだけではないですよねもっと些細な決断が私たちの日常にあふれています。毎日の食事内容も毎日の生活習慣も私たちは、いつも選択をせまられています目に見えない選択というストレス母になって、はじめてその重圧を知ることになりました。毎日の家事や育児が大変なだけではなく目に見えない選択という責任そんな色々なことに、疲れきってしまって夫に相談しても、あいまいな回答、、、結局のところ母親としての決断をせまられる、、、そんなときテキトーで子どもは育つのよー愛があれば大丈夫ー子どもに決めさせてーそんな言葉に目がとまりホッとしたり、テキトーにしてみたり。それでも、やっぱり心配になりまた新しい悩みがでてくる、、、こんな些細な日常の悩みをだれに打ち明けたらいいのでしょう?ライフでは、お母さんの日常に寄り添いお悩みをお聞きしながら、子育てのやり方をアドバイスしています。

不登校・行きしぶりの悩みをもつお母さんの不安・心配・悩み

こんばんはお母さん心理学教室ライフイズビューティフル カウンセラー 小川のりこです。5月になりましたね。暖かく、そして、過ごしやすい季節になりました。ゴールディんウィークあけ、疲れがでやすい時期でもありますがみなさま、元気にお過ごしでしょうか。春、不登校だった子が、急に学校にいく!と言って毎朝、今日は大丈夫かな?と、ドキドキする毎日を過ごされている方また、春になったのに・・・・うちの子は、まだ家の中・・・・世の中は、春だの、ゴールディんウィークだの、いろいろ言ってるけれどうちは、、、、。と、悩まれている方不登校、行きしぶりになるとあなたはなにが不安でなにが心配でなにが怖いと感じますか?・このまま、この子は誰ともつながりをもたずに家にこもってしまうのでは。・勉強がついていけなくなってしまうのでは。・友達がいなくなってしまって、そのうち孤独になってしまうのでは。・太陽にも当たらず、運動をしないから、不健康になるのでは。・一生、この子の面倒をみていかなくてはいけないのでは。・ゲームばかりして、頭がおかしくなってしまうのでは。・・・・・・また、何に怒りがわいてきますか?・みんな頑張ってるのに・・・・学校なんて我慢していくものなのに・・・・家でダラダラしないで・・・・ご飯を毎日作らなくてはいけない・・・・ずっと同じ空間にいると疲れる・・・・いつもネガティブ発言・・・・反抗的・・・・なにも話してくれない・・・・私がダメな母親っていわれる・・・・・・・・お父さんよりもお母さんのほうが、不登校・行きしぶりについてとても悩まれているように感じます。家にいつもいて、ご飯を作ったり、お世話して接している時間が多いからでしょうか。それとも、お母さんが子育てしてきたから、責任を感じているのでしょうか。それとも、お父さんは、「きっと大丈夫」と信じているからでしょうか。それとも、お父さんはこどもに関心がないからでしょうか。子育てに正解はない、といいます。確かに、いろいろな考え方でいろいろな育て方があります。国が違えば、育て方も違います。日本だけでみていると、うちの子は・・・と不安になる気持ちもわかります。今までの学校以外にも、コミュニティは作ることができ、世の中は多様な時代になりました。でも、我が子が成長の中で人と関われて、大半の子達がいく学校という場所へ行けなくなったら・・・・。親として、最大の悲しみであり悩みですよね。また、折り合いをつけ、こどもの世界、生き方を受け入れるまでにはかなりの時間が必要とされます。子供たちをどうにかしなくては・・・と悩みながらでも、どこにいけば・・・とネットを彷徨っていませんか?カウンセリングしても心療内科にいっても変わらない毎日に悩んでいませんか?もし、彷徨っているとしたら悩みがはれないとしたら・・・・あなた自身が、我が子の専門カウンセラーとして心の重りをとりのぞいてあげる人へと変わってみませんか?カウンセリングも通院も毎日ではありませんよね毎日一緒にいるのは、お母さん、そしてお父さんです。

子育てのパイプ詰まり、直しませんか?

こんにちは心の教室ライフイズビューティフル小川のりこです。先日、ガスの調子が悪く、専門業者をよんで、みていただきました。夫婦で話していたときは本体が悪くっている、と思って呼んだわけですが・・・。原因は、ガスの機械が悪くなっているわけではなくパイプのつまりが原因で、お湯の出が悪くなっていたようです。長年の蓄積で、水のカスがたまっていたみたいで・・・。長年住んでいると、だんだん機械も古くなったりところどころガタがきています。また、機械が壊れて新しいものに取り替えなくてはいけなかったり・・・。そのときに、思ったんですよね。子育てや家族の中にもパイプが流れていて、その詰まりに気づかずに、一生懸命水の流れをよくしようと思ってもなかなか流れない・・・・なんてことあるんじゃないかな、、、と。その原因に気づくのが早ければ親子のパイプ詰まりもすぐに改善されますが完全に詰まった状態で 放置すれば大工事になりかねません。小さな悩みのうちに小さな修理これは、家の補修であれば傷がみえたり、不具合が生じますが家族という心のパイプの詰まりは初期のときには、ほとんど見えずに過ごしてしまうことが多いと感じます。家族という私たちの心のパイプの詰まりを解消するその一歩を踏み出すのは、お母さんであり、お父さんです。その中でも、ライフはこどもに関わっていくお母様を対象を主に行ってきました。ただ、最近、お父様のお悩みをお聞きする機会も増えてきました。(裏メニューとして)その中で、お母様をサポートすることが 私の使命として今まで活動してきましたが、家族を笑顔にしたいのなら、大黒柱であるお父様の気づきは とても大きな意味をもつということをヒシヒシと感じてきました。ありがたいことに、私が乳幼児専門としておこなってきた10年間の経験からのアドバイスが、そのお父様方を安堵させ、奥様への声かけがかわり、奥様からもお礼のお言葉をいただくこともありました。男性は、変わるまでは、時間がかかるといわれています。お仕事を、自分のプライドをもって行っている、ということは、自分の強い考え方があると思います。その考え、価値観を覆すことは、時に大変なことがあると感じています。でも、男性の強みは、一度、理解すると、その考えを自分の中に取り入れて、強い意志をもってやりとおすことができるとも感じています。子育ては、これからの時代、女性だけでなく男性も大きく関わる時代です。そして、ライフは考えました。私が今まで10年以上におよぶ、お母様のお悩みをお聞きしてきたデータや学びをもとに、お父様へアドバイスさせていただけたら・・・と。お父さんのお悩みについてのご相談もこれからスタートしていきたいと考えております。子育てのパイプ詰まりを解消する母親塾(スマイルテキスト)対人関係のパイプ詰まりを解消する人生塾(エルムテキスト)自分を知り、人生の意味を知るライフスタイル診断(個人カウンセリング)子育ての悩みコンサルテーション(個人カウンセリング)この4つのサポートをしながら、ご家族に寄り添い、ご自分の、そして、お子様とご家族のパイプ詰まりを解消していきます。お父様向けとしては、一番下の子育て悩みコンサルテーションで受付をスタート予定です。家族の悩みを一緒に考え、ヒントを与える勉強会です。春からスタートします。お待ちしております。ライフイズビューティフル小川のりこ一度だけリスを見かけました。小動物を見かけると、その日1日幸せになります。私たち人間は、自然とともに一緒に生きているのだ、と、心があたたかくなります。もう春ですね。また見かけることができたら、嬉しいです。