心の春夏秋冬

人生を楽しむ原点に戻る場所


お母様、思春期、ご家族のための心の教室

Life is beautiful



どんな季節も自分らしく

空高く羽ばたいていけますように

二番目の悪者

こんにちは
女性限定 心の教室
ライブイズビューティフル 
カウンセラー 小川のりこです。


あなたは、噂を信じますか?
あなたは、噂を誰かに伝えますか?


世の中のほとんどの話が嘘だとしたら?


先日、ノーベル賞受賞
本庶佑(ほんじょ・たすく)京都大学特別教授の言葉に感銘を受けました。



なんでも疑ってみる


その疑う、ということも
なにもやらず、疑ったり批判するのではなく
一度、すべて学んだうえで
いったん棚上げし、それを疑って探求することが大切だ、と学生に話している、と。
先生の言葉さえも疑いなさい、といってみえました。


素晴らしい言葉だと思います。

なにもやらずして、調べもせず
疑うことはたやすいことです


でも、すべてを学び、知った上で
さらに追求していく

とても大切だと感じます。



このことは、対人関係にも応用できると感じています。



悪い噂のときこそ
自分の目で、感覚で、確かめる、ということを大切にする。


私もこんな経験があります。

その人は親切心からなのか

「あの人は、あんまりいい噂がないから、付き合わないほうがいい」

と忠告を受けたことがあります

ですが、私はまだ一度も話したことがないのに、その噂を信じることはしませんでした。
それよりも、あえて、私は話したいと思いました。

もし、信じて
その人を避けたとしたら
大人のいじめ?につながっていたかもしれません。





噂は真実をゆがめます
噂は、噂だと感じます
火のないところに煙はたつのでは?と私は感じます。
それは、真実ではなく噂なのですから





そして、噂ってすごいなあと感心してしまったことさえあります。


私が引っ越してきて5年ほどたったときのことです。

「名古屋から引っ越してきて、医者と聞いていた」


この町内で、そんな噂が数年間あったそうです。笑


私は、ここが地元で、医者ではありません。笑


噂って、噂です。
ですから、ネットのすべてを信じすぎるのも世の中の歪みを生じさせてしまうし、対人関係にも気をつけなくてはいけないことだと感じます。


二番目の悪者
林 木林  作
庄野 ナホコ 絵


内容も、小学校高学年から思春期、大人までにおすすめしたい本です。
絵も、とても迫力があり、綺麗で好きです。


帯に書かれている

考えない、行動しない、という罪


あなたは、どう考えますか?


あなたは、噂を信じますか?
あなたは、噂を誰かに伝えますか?

世の中のほとんどの話が嘘だとしたら?





ライブイズビューティフル 
小川のりこ