心の春夏秋冬

人生を楽しむ原点に戻る場所


お母様、思春期、ご家族のための心の教室

Life is beautiful



どんな季節も自分らしく

空高く羽ばたいていけますように

思春期の親はテレビのように

こんばんは。
ライフイズビューティフル   小川のりこです。


私が学生の頃は
とんねるず
志村けん、加藤茶
ダウンタウン
うっちゃんなんちゃん
ビートたけし
明石家さんま
ナインティナイン

などなど、ほんとーに毎日テレビが見飽きないくらい面白い番組 全盛期だったように思います。


でも、最近、ながーーーく愛された番組が終わっていっていますよね。。。。

総集編などをみても 大人になっても笑えるものばかり・・・。

あー、なくならないでほしいな・・・・。

そんな寂しさを感じます。

ただ・・・・さみしいっていいながら、考えてみたら、最近みていなかったです。

でも、同じ曜日、同じ時間帯にやってる安心感ってすごくあって。。。



そんな番組のことから テレビの存在が、家族にも通じるな〜と感じたんです。


特に子どもにとっては。。。

小さい頃は、とにかくひっつき虫のように、ママ大好きっ子でも、思春期になれば、1人にして!という時がありますよね。
でも、テレビのように、突然スイッチオンになると、甘えてきたり、話してきたり、、、。

こちらとしては、いつもスイッチオフして相手にもしてくれないのに、たまに突然オンにしないでよー!


なんていう気分になりませんか?(笑)


でも、それって、スイッチオンしたら、テレビが流れて、笑ったり楽しかったりすることを知ってるから。

もし、それがオンにしたとしても、楽しくなかったら、スイッチオン!なんてことには、ならないわけで。


だから、たまーにでもスイッチオンされるって、親子関係良好!って、思ったほうがいい。


思春期親子関係うまくいってる!

と自信をもったほうがいい!





反対に

テレビが突然スイッチオンになったとしたら、ポルターガイスト〜ヒョエーなんてことになりません?笑

そして、スイッチオフするか、コンセントからオフするなど、対策をとると思います。



となると・・・・私たち、親がテレビだとしたら、こっちから、勝手に電源オンにしたら、相手にウザがられます。ってこともわかっておいたほうがいいですね。相手からみたら、私たちは、テレビ(笑)


いろいろ情報を知ってるし、いろんなことを教えてくれる存在ではあるけれど、観たい時、知りたい時、なんだか暇つぶしな時に、いてくれたら嬉しい存在がテレビなんです。



私たちは、いつも同じ場所にいる人、安心できる人でありたい。

そう、いつもテレビがリビングにあるように・・・・。

そして、子どもがスイッチオンしてくれた時には、思いっきり笑える関係でいたいなあと思いますが、皆様、いかが思いますか?



今日は、昨日のとんねるずの北の国からのコントをみながら、「やっぱり面白いな〜」「宮沢りえ綺麗だな〜」と思いながら、このブログにいたりました。



今日も最後までお読みいただきましてありがとうございました。


ライフイズビューティフル  
小川のりこ


Life is beautiful

心の生きづらさに向き合う教室・お母さん・お子様・ご家族をツナグ場所