心の春夏秋冬

人生を楽しむ原点に戻る場所


お母様、思春期、ご家族のための心の教室

Life is beautiful



どんな季節も自分らしく

空高く羽ばたいていけますように

苦しい時は「循環」を意識する


第1章 こどもの行動を理解しよう

第2章 聴き上手になろう


先日 第2章が終了しました。


2週間に1度の勉強会・母親塾は、アドラー心理学に基づき、新しい子育て論を取り入れていく内容です。

あらためて・・・私が思った事は、この勉強会に参加しようと思った時から、参加者の皆さんの変化は始まっているということ。この場へお越しいただけるということは、心のアンテナが高い方なんだなと感じています。そのため、悩んでいたことが、ぱあっと明るくなっていくのは、必然のこと。もう参加を決めた時から、変わり始めているから、勉強会に参加してくださった時には、スポンジのように吸収しはじめるのだと感じます。


確かに、新しい言葉を大人になってから学ぶことは、戸惑いもあります。でも、その反面、喜びもあるのだと思います。



と・・・ここで・・・・


便秘したら、みなさんどうしますか?(笑)

わたし、便秘しないし・・・ってのは、なしでね(笑)



・すぐに下剤を飲む

・水をいつもより多めに飲む

・運動する

・食事をかえてみる

・漢方を飲む


などなど


人によって対処法は様々ですよね



では、これを人間の心に置き換えてみたら?


苦しい・つらい・悲しい・悩みがある(便秘の状態だと思ってください)


どうしましょう?


・友達に電話する

・ひとりでもんもんと考える

・映画をみる

・お笑いみて忘れる

・本を読む

・イライラし続ける

・カラオケする


などなど



しぜ〜んと自分の中の滞りを「どうにかしたい!」と思っている行動ですね。


血が新しく身体中をめぐるように、私たちは生きたいと思うからこそ、循環させたいのかもしれません。

そう考えると、滞るということを不快に感じるのは、動物的な感覚なのかもしれません。



そして、人は、体の循環が滞るとどうにかしないととおもうのに、心の循環に対しては、ちょっと我慢してしまう人が多くいます。


気づいた時には、ぽっかり心に穴ができてしまっている状態・・・・



でも、気づいた時でも大丈夫!

苦しい時は、まず循環させよう!と意識する生活に変えてみることをおすすめします。


循環は、人と話すことだったり、物を手放すことだったり、掃除したり、趣味に没頭など・・・いろいろなことで循環しはじめます。

SNSで情報ばかりみると心がパンパンになってしまうため、こういう時こそSNSを避ける生活もいいですね。


私のおすすめは、人と話すこと、かな。

でも、相手を選ばないとダメ・・・


人は自分の話をきいてもらえる機会が少ないです。

なぜなら、みんな自分の話しをしたいから。

いつも聞き役になってしまう・・・という方は、特に相手を選んでね。。。


あなたの話に耳を傾けてくれる人

そして、ただ話すだけでなく学びをもらえる人を探してみましょう。


まわりにいないと思ったら

勉強会などもおすすめです。

でも、そのときも聞くだけの勉強会ではなく

ワーク型の勉強会をおすすめします。

必ずご自分が話す時間をもらえるから。


今日は 循環の話でした

新しいコミュニティは、「循環」となり、あなたの心に新しい水を注ぎ込んでくれますよ。

まずは、身の回りのことやご自分が楽しいことに時間を使うこと、そこからはじめてみてください。



ライフイズビューティフル

小川のりこ



近日 アドラー心理学 人間塾・母親塾開講!単発受講も受付中


女性限定! 心理学を身近に取り入れる勉強会を開催中です!

ファシリテーター おがわのりこ 

岐阜県多治見市・土岐市を中心に 出張教室も随時受付中!

Life is beautiful

心の春夏秋冬 どんな季節も自分らしく羽ばたいていけますように お母様・ご家族のための心の教室